旋光盤 作成過程 1

コス制作(工作) comments(0) -
つばさちゃんの誕生日プレゼントとして、鮑三娘の旋光盤作ったった。

忘れないウチに、まとめとこうっと。

つか、ブログがすでに武器作成記録になっとるな・・・
武器はこんな形してらっしゃるらしい。 

旋光盤2 
旋光盤1

造形の先輩ネコマ様にご相談しつつ、作業に着手。

6枚もついてる刃が両面模様入りとかでいきなり心が折れそうになったが、カッターの申し子ネコマさんの優しさに付け込んで、全力で委託。

武器実物大の設計図&模様をIllustratorで作成していたので、刃の部分の模様をデータごと送りつけるという乱雑な依頼方法で、丸投げ\(^o^)/
カッター作業は、ネコマにまかせとけば間違いないので、ホントに丸投げた自分、我ながら酷いと思う。

で、その間に本体の円盤に着手。
円盤部分が実はぺったんこではなく、どうやらすこし丸みを帯びてるらしい。

円盤のサイズは、つばさちゃんから指定があったので、それに合わせて全体のサイズは決まっていたのだが、最大の問題は重量
武器を持つ当人のつばさちゃんが、毎回ディルコス時に槍二本持ちでぷるぷるしてるので、軽量化に最重点を置いて作成しようと思ってたのだが、これが結構大変だった(≧Д≦)
この重量を考えながら作業するのが、「パテ大好き\(^o^)/」とか言ってる自分にとっては、実際のトコロ一番の難関で、今回の作成中いつも悩んだよー"(,,-_-)"


もっこりするように展開図を作成し、工作用紙で型紙作成。
それを元にライオンボードから切り出し。

旋光盤3 

両面分切り出し&ボンドで貼りつける。

旋光盤4


接続部分の溝を埋める為に、毎度お世話になってるパテ様で盛る。

旋光盤5

パテは結構がっつり盛ると重量が出てしまうので、必要最低限のギリギリで盛って、ギリギリまで削る。

旋光盤6


5mmライオンボードだけだと、どうしてもベコベコしてしまって丸みが潰れる可能性が出て来たので、
全面にパテ盛って硬さを出したかったんだけど重くなるなぁって悩んでたトコロに代替え案がひらめく。

「工作用紙で裏から補強すればいいんじゃね?」

つーことで、型紙として作成した工作用紙をライオンボードの裏に貼りつけたみたら、結構しっかりした\(^o^)/

旋光盤7


つーわけで、もう一枚、工作用紙で型紙を作成して、両方の裏に貼る。

旋光盤8


もっこり具合が維持できたところで、放射状に入っている模様を、2mmのライオンボードで貼る。

旋光盤9

両方に貼って、はみ出したところをぶった切り、ライオンボード関係の作業は終了。

旋光盤11
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM